タクシー運転手になるためには

タクシー運転手の現状

子供の頃など、一日中車に乗っていられる事を羨ましく思い、将来はタクシーの運転手さんになりたいと思った人も多いはず。見た目も制服に制帽をかぶり、ハンドルを握りながら何を言っているかわからないのですがマイクを握り、カッコよく見えたものです。現在は、個人や一般の方で転職される方が結構いらっしゃるみたいです。その理由も様々で、いろんな業種の方が転職にて都内のタクシー運転手になっていらっしゃるみたいです。男性だけでなく女性ドライバーも増えて、現在は老若男女関係無いと言われるくらい様々な方々がタクシードライバーとして仕事をしています。

どうすればなれるのでしょう(普通免許取得済みの人の例)

ドライバーとしてデビューするためには、やらなければならないステップがあります。すぐに就職して乗れるわけではありません。個人タクシーのように二種免許を取得して、届け出を終えて仕事を始める人もいますが、通常は働ける会社を見つけなければなりません。最近は結構経験者や若手のドライバーを探している会社があります。営業にて仕事するわけですから、普通自動車の免許では乗れませんので、二種免許を取得しなければいけません。昨今は個人ではなく会社側が取得費用の一部及び全額を見てくれるところが増えましたので、会社選びの時にそのようなところを選べば教習所から免許取得まではスムーズにいきます。

免許取得後のドライバーまでの流れ

無事二種免許を合格取得されたら、実際のドライバーになるための研修が待っています。いくらナビが付いている車が増えたといっても地理も覚える必要がありますし、お客様への接待、車の整備方法、各会社におけるシフト等の就業規則等をしっかり短時間に覚えて戦力になってもらわなければなりません。新人ドライバー研修がおわるとデビューです。ここからは、誰に頼るわけにも行けない立場になります。タクシードライバーさんと外で言われる立場になるわけです。ガンガン売り上げを伸ばせるよう努力が必要になります。このような流れで運転手になっていきます。会社によっていろいろと異なる点もありますので一例として見てください。

安心して専任できる役員運転手選びに必要な資質としては、これまでの経験や培ってきたノウハウに裏打ちされたものであることが条件となります。